敏感肌のクリームでおすすめのもの

subpage01

敏感肌におすすめのクリームがあり、敏感肌を改善させるためには肌の潤いをキープし、バリア機能を正常な状態にすることが重要です。

敏感肌には、肌の細胞間脂質や皮膚膜と同様の働きを持つ成分が含まれたクリームがおすすめで、これらはもともと肌にある成分なので、トラブルや刺激が少なく、より保湿力が高いという特徴を持ちます。

人には聞けない珍しい敏感肌のクリームのおすすめはとても評判が良いです。

特に、細胞間脂質が肌の潤い保持の大半を担っているため、これと同じような役割がある成分が多く配合されたものが望ましく、その種類はいくつかあります。

まず、人の肌の角質層に存在していて、細胞間脂質の約40%を占めているセラミドは、優れた保湿力を持つため特におすすめです。

セラミドには、紫外線や細菌、アレルギー源などの外部刺激から肌を保護する働きがあります。

また、水分となじみやすい部分と油分となじみやすい部分に分かれるため、水分を抱え込むことが可能で、肌の潤いをキープする効果が期待できます。

しかし、セラミドは油分の一種なので、油分の多い化粧品の方が角質層へ浸透しやすいという特徴を持ちます。
セラミドにはいくつかの種類がありますが、敏感肌の人はヒト型セラミドが配合されているものが適しています。



これは酵母を利用して生成しているので、最も保湿力が高くて刺激も少ないとされています。

購入する時は、配合量を確認してなるべく配合量が多いものを選ぶことが望ましいです。

敏感肌のクリームとして、水と油の両方の性質を持ち、乳化剤としても使用されているレシチンが含まれたものもおすすめできます。



レシチンは皮膚を熱損傷のダメージから守るという、皮膚保護作用が注目されている成分です。